プロフィール
名前:集団田中’98
年齢:15歳
誕生日:知らん。
性別:男女混合
職業:ごくつぶし
ウェブサイトURL:http://www.you-frontier.com/tanaka98/
一言: top_pic2011.jpg

Q.だからぁ、集団田中って…何?田中さんの集団なの?

A. 【集団田中’98】とはお笑い演劇集団です。かつてアノお笑いコンビが在籍していたという伝説の組織です。集団田中’98ではメンバー、スタッフを随時募集中です!

 芝居の基礎からコントの作り方、パントマイムなどの身体表現やパフォーマンスなどの魅せる技術、正しい日本語や障子の張り替え方、上司との飲み会をやんわりと断る方法、新鮮な野菜の見分け方などを懇切丁寧にお教えします。

 コチラのメールフォーム、もしくはブログへの書き込みからでも受け付けますよ。お気軽にどうぞ。


flier01_big.jpg flier_ura.jpg

2014年9月5日(金)〜7日(日
北池袋 新生館シアターにて公演開催決定!!

『さよなら、ツナグンジャー』
前売り2500円 当日3000円
 
【出演】
なっぱ(小林 梢)
田畑 忍
原 朋之
吉田 美穂
願羽 マサル
坂口 祐輝

【スタッフ】
作・演出 成田山 三樹夫
照明 国吉博文
音響 牧野宏美
舞台美術 小川丈皓デザイン事務所
制作 遊フロンティア

チケット絶賛発売中っ!
集団田中’98の公演や環境戦隊ステレンジャー、科学実験パフォーマンスなどでキミの力を奮ってみないか?             BLOG5977.JPG

2006年10月02日

ちょっとだけグロ写真注意!

うちから車で50分ほどの場所にある、Iさん(現地人スタッフ)の家へ行った。

かなりの田舎で、周りは畑か山しかない。
ニワトリや七面鳥がそこら辺を走り回っている。

料理人さんが用意した肉を焼き、俺が持ち込んだ酒を飲んだ。

食後の散歩中、気がつくとなにやら庭先にぶら下がっている。
豚だ! 豚がぶら下げられて、村人に解体されている。
これは見なくては!

Iさんの案内で、解体現場に足を運ぶ。
それほどグロくはない。
1輪車には、大量の腸が乗せられている。
これでソーセージを作るのだ

解体しながら、内臓や肉の切れ端を庭にぽいぽい放り投げている。
後で、犬が勝手に食べるそうだ。

最後に胴体が糸鋸で真っ二つに切り分けられた。
それを、村人が肩に担いで家にもって帰る。
ご馳走の一丁できあがり。IMG_4544.JPG

IMG_4571.JPG
posted by tanaka98 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

東欧の小国より

05.11 391.jpg
※東欧の小国にて撮影(イタリアナンバー)。ルパン三世ファン?

昨日、クラッシックのコンサートに、あるお方の代理で行くことになった。

久々スーツを着たら、首周りが気持ち悪くて、「おえぇー、ぇうぇー」となり、涙目になってしまう。
毎日ネクタイ締めて仕事してたのが、百万年前のことのように思われる。

もうひとつ、スーツを着てウエストがきついのに気づいた。
ダイエットで痩せたといっても、仕事をしていた頃と比べると、10キロ近く太っている。
さらなるダイエットが必要なのか。
めんどくさいぞ、こんちきしょー!

コンサート会場は、金持ちそうなおっさん、おばさんがたくさんいた。
アジア人なんて、俺ら夫婦だけだ。
とても目立ってしまう。
たまには中国人もこういうところに来いよ。

家に帰り、冷蔵庫の中のチキンナゲットとチーズをつまみに、ビールを飲んで寝た。
こういうことをするから痩せないんだと、頭の奥底で意識しながら。
posted by tanaka98 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

食欲の秋

yudemoro.JPG
日記に書くことがなにもないんです!
ということで、土曜日に市場に買い物に行ったとき撮った、とうもろこし&ポップコーン屋台の写真を。
嫁さんが茹でとうもろこしを1本買いましたが、美味しかったです。
posted by tanaka98 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

昨日の続き・バーベキュー大会

s3.JPG
※写真は、スペインで見かけたちょっと小粋なビジネスマン。

事前にイメージトレーニングを繰り返し、俺の楽器演奏は完璧のはずだった。

家を出るとき、俺の友達がこの国に(突然)やってきたという電話があったが、まあたいしたことはない。
明日、お相手させていただくことにした。

とある路面電車の駅から、会場まで歩くことにした。
しかし、これが間違いだった。
途中で、雨が激しく降ってきた。
タクシーなんて1台も通らない。
右手は墓地、左手は山、空からは大雨という状況下、急勾配の坂をただひたすら登る俺。

汗みどろになり、やっと会場に到着。
そこで言い渡されたのは、「田中さんの演奏するパートを1つ増やしたから」。

はあああ!?

無理だ、無理だ、無理に決まってる。
楽器とダンスがこの世で最も苦手な俺になんてことを!
半泣きで読めない楽譜にかじりつく俺。

しかし、人間やれば出来るものである。
1箇所間違えたような気がしないでもないが、きっと気のせいだろう。
何とかやり終えた。
国歌を無事演奏し終えたのだ。

あとは、疲れていたので肉はあまり食べず、料理人さんが注いでくれたスコッチを飲むばかりだった。
posted by tanaka98 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

東欧引きこもり日記

s1.JPG昨日、
>※写真は、スペインのスーパーで売られていたものです。
と書きながら、写真をアップし損ねたので、再チャレンジ。
大したものでなくてすいません。

今日、夕方からバーベキュー大会があります。
そこで、夫人会の奥様方と、「鉄琴を1本ずつひっぺがし、鉢を取り付けたような楽器」(手で握って振ると、音が鳴る)を演奏しなくてはなりません。
現地の方々の前で、国歌を演奏します。
子供の頃、縦笛が吹けなくて、いつも最後まで残されてたこの俺が…。
何年ぶりかの舞台?なので、失敗しないよう頑張ってきます。
posted by tanaka98 at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

東欧引きこもり日記

9月8日(金)の出来事を…

 嫁さんがやっと夏休みを取れたので、スペインのマラガへ。
 朝4時起きで「東欧の小国」空港へ行き、無事チェックイン。搭乗口まで行き、ウトウトしていたその時、場内放送でタナカがなんちゃらかんちゃら言っているではないか。成田ならあれだが、この東欧の小空港でタナカといえば、我々夫婦以外にはいまい。嫌な予感が…。
 アリタリア航空の係員は、理不尽な事を言ってきた。オーバーブッキングなので、違う便に変わってほしいとの事。オーバーブッキングって、俺たちもうチェックインしてるじゃん!なんだよと思いながら、笑顔で「いいですよ」と…、日本人のイメージアップに貢献する。偉い。
当初はミラノ経由マラガ着の便が、パリのシャルル・ド・ゴール空港経由のマラガ着に変更。
 シャルル・ド・ゴール空港に着き、迷いながらもチェックインカウンターに行くと、Eチケットの場合は、カウンターで事前に発券しなければならないといわれた。しかし、チェックイン時間がもう過ぎているから次の夕方の便になりますと…。くそったれ! ふざけんなと思いながら、エールフランスのカウンターに行くと、無事チケットをゲットできた。荷物を出発空港で預けているので、OKらしい。急いで搭乗口に向かうと、ちょうど搭乗が始まったところだった。助かった。
 ずいぶんイライラさせられたが、無事飛行機に乗ることが出来た。飲み物食べものは全て有料だったが、逆に有難い。何も飲まず、食べず、2時間半、寝て過ごした。
 スペイン・マラガ空港に着き、荷物が出てくるのを待っていた。しかし、出てこない。あれ…、もしかしてこれは…!!そうだ、これは生まれてはじめてのロストバゲッジ! 俺のスーツケースが消え失せた!
 足取りも重く、ロストバゲッジカウンターへ(そんなものが存在していたことさえ知らなかった)。係員が言うには、荷物はまだシャルル・ド・ゴール空港にあるとの事。次の便で来たら、ホテルまで届けてくれるらしい。助かった。
 安心した我々夫婦は、ホテルにチェックインし、すぐさま海へ。
 腹が減っていたので、日本で言うなら「海の家」で、飯を食うことにした。
 イカリングフライ、前菜盛り合わせ、焼きピーマンのニンニクオイル漬け等を食べる。旨い。
 店員はかなり荒っぽいし、一方的にスペイン語をまくし立てるが、なんか言葉が通じているし問題ない感じ。
 ぶらぶらと、街を散策し、ホテルに帰る。夕方5時に荷物をのせた飛行機が到着すると言うので、部屋で待つことにする。
 いつの間にか寝ていた。気がついたら、夜の8時。荷物は届いていない。空港に電話すると、まだシャルル・ド・ゴール空港にあるらしい。なんだよ! 言ってることと違うじゃん。
 今日はまだ1便あるが、間に合わなかったら、明日になるとのこと…。ほんとかよ! ホントに明日来るならいいけど、俺は東欧の小国でさんざん煮え湯を飲まされているので、瞬く間に鬱になっていく…。ああ、俺の荷物が…、しゃれにならん。
 しかし、鬱になってばかりもいられないので、晩飯を食べに出掛けることにした。街を少し散歩して、裏通りにある地元のメシ屋に入る。
 ウエイトレスに注文するが、全然英語が通じない。仕方なく、指差し注文。
 頼んだものは、どれも安くて美味かった。スペインは東欧の小国と違って、魚介類をまともに調理してくれる。俺が思うに、大国、もしくはかつて大国だった国はめしが美味い。イギリスを除いては。
 明日荷物が届かなかったらどうしようと考えながらホテルに戻ると、なんと荷物が届いていた!助かった。これでやっと安心して過ごすことができる。
※写真は、スペインのスーパーで売られていたものです。
posted by tanaka98 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

祭田の東欧引きこもり日記

※集団田中的小記事より移転。
集団田中の脚本家(サボリ気味)が東欧の某国よりお送りする引きこもり日記です。

9月6日(水)
 親王様ご誕生、おめでとうございます。

 用事があって外出。
 冷夏なので、先週末は長袖が必要だった。今日もそうだろうと勝手に思い込み、長袖を着て出た。
 しかし、長袖着て歩いてる奴なんて、誰もいない! みんな半袖だよ! もしくは、袖なし。ていうか、短パンの奴があちこちいる。俺だけ、長袖…。
そういえば、なんか暑い。ああそうだ、昨夜ちょっと寝苦しかったっけ。
いつの間にか、夏が戻ってきていたのだ。これだから引きこもりはダメなんだよ。歩いているうちに、汗出てきたし。

用事を済ませ、嫁さんと、ウィーンから来ている日本人女性と晩飯。ていうか、いつものビアホールへ。
 店内備え付けのプラズマテレビでサッカー中継を見ながら話していたら、ニュース番組が始まり、親王様誕生のニュースになった。世界中のニュース番組で取り上げられてるのだろう。
 しばらくしたら、店員が「日本の方ですか?」「大変おめでとうございます。ほんとうに良かったですね」「こちらは子羊の丸焼きになります」「支配人からのサービスですので、是非お召し上がり下さい。日本との友好の印です」というようなことはなかった。全然。

posted by tanaka98 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団田中の田中さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする