プロフィール
名前:集団田中’98
年齢:15歳
誕生日:知らん。
性別:男女混合
職業:ごくつぶし
ウェブサイトURL:http://www.you-frontier.com/tanaka98/
一言: top_pic2011.jpg

Q.だからぁ、集団田中って…何?田中さんの集団なの?

A. 【集団田中’98】とはお笑い演劇集団です。かつてアノお笑いコンビが在籍していたという伝説の組織です。集団田中’98ではメンバー、スタッフを随時募集中です!

 芝居の基礎からコントの作り方、パントマイムなどの身体表現やパフォーマンスなどの魅せる技術、正しい日本語や障子の張り替え方、上司との飲み会をやんわりと断る方法、新鮮な野菜の見分け方などを懇切丁寧にお教えします。

 コチラのメールフォーム、もしくはブログへの書き込みからでも受け付けますよ。お気軽にどうぞ。


flier01_big.jpg flier_ura.jpg

2014年9月5日(金)〜7日(日
北池袋 新生館シアターにて公演開催決定!!

『さよなら、ツナグンジャー』
前売り2500円 当日3000円
 
【出演】
なっぱ(小林 梢)
田畑 忍
原 朋之
吉田 美穂
願羽 マサル
坂口 祐輝

【スタッフ】
作・演出 成田山 三樹夫
照明 国吉博文
音響 牧野宏美
舞台美術 小川丈皓デザイン事務所
制作 遊フロンティア

チケット絶賛発売中っ!
集団田中’98の公演や環境戦隊ステレンジャー、科学実験パフォーマンスなどでキミの力を奮ってみないか?             BLOG5977.JPG

2007年01月22日

ロードオブチャリング!

昨年12月22日、なっぱは家へ帰ろうと、駅の改札をくぐった…

すると

[姫は預かった、一ヶ月後までに、下の地図の所へ来い!さもなくば姫の命はないぞ…]




「ヒメェ〜!!!!!!
必ず、必ず期限までに助けに行きます!」

なっぱはそう心に決めた

それからすでに一ヶ月がたとうとしていた。


なっぱは、実家に帰っていたり何だりで、未だ姫を助け出せずにいた。

「くそぉ…今日決行しなければ姫の命はないぞ」

なっぱはようやく決心を決めた。

しかし、外は曇り空、朝からエアコンに手がのびてしまう程の寒さだ。

これも奴らの陰謀なのか…

地図通りに奴らのアジトへ。
幸い場所は、線路の高架下。線路ぞいに道路が走っているこの環境ならば、奴らのアジトを見つけるのはそう難しくはないだろう…




が、
しかし、


行けども行けども、アジトらしき物は見つからない。
何故だ!

散々歩いた末、携帯で撮った地図を見ると…


はっ…!!










全く逆方向に進んでいた!


奴らめ、地図を単純化し、なっぱを錯乱する作戦だな…

まんまと罠にはまった!

とりあえず
マックのカスタードパイで休憩。

温かいパイが冷え切った体に染み渡る…



エネルギーを補給したのち、元来た道を戻る。

屈辱的だ…

姫救出の旅は、ふり出しに戻った…。


残り少ないやる気をふるい起こし、なっぱは進む。
が…

なっぱの目の前に立ちはだかった物は!

ドラッグストア、ぱぱすの開店セール。

見てみぬふりをするつもりだったが…人だかりつられ入店。


安い…


クリネックス箱ティッシュ、234円

野菜生活100が158円

そして、馬油クリームが2000円の所1000円!

さらにそこから20%off!





買ってしまった…

野菜生活2本も買ってしまった。

クリネックスも買ってしまった…

重い…がさばる…

これでは姫を助けに行けない…



クソォ!
これも奴らのトラップかぁ!


やむなく、一旦自宅退却…

買った物を降ろし、
寒くなってきたので、手袋とマフラーを装備した。


再度出発。

だんだんヤケクソになってきた、ポツポツ雨がふってきたが、傘も持たずに家を出た。



暫く歩くと、なっぱの気合いに恐れをなしたのか、雨は止んだ。


だが、新たな問題が!

さっきは線路の高架にそって道路があったのだが、今度はそういう道がないのだ!

やむなく、なっぱは、できるだけ高架の見える道をジグザグに歩かなければならなかった!

やはりアジト周辺の守りは固い。


だが、住所を見るとだんだん奴らのアジトに近づいているのがわかる。

気を引き締め進む。


が、さらに奴らの罠が!高架が途切れているのだ、崖に吸い込まれるようになくなっている!
(電車がトンネルへと入る所だ)


何!?

つまりアジトは山の反対なのか!
そんな、なっぱは山越えをしなければ姫を救出できないのか!

更なる不安がよぎったその時!



崖のすぐ手前の高架下。カムフラージュされた奴らのアジトを発見した!



ついに!見つけた!




暗い室内へ入る。
そこには、姫と同じようにさらわれて来た娘たちが沢山いた。

かわいそうに…だか、なっぱには、全員を助け出す事はできないのだ…


どんな鬼が出てくるかと思ったが、


奴ら、アジトの警備はシルバー人材センターに任せているらしい。


手続きをし、4000を払い、シルバー人材センターの人に
「もう、しないようにね」
と叱られ、なっぱは、



「ごめんなさい」
をした。


そして、ようやく悪の手から姫を救いだす事に成功した!


「姫…すまない。もう放置したりしないよ!」

なっぱはそう、心に誓った。







みなさんも自転車の放置は交通の妨げとなります、絶対にやめましう!


なっぱ。
posted by tanaka98 at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アホでしょ…
Posted by 成田山 at 2007年01月23日 01:13
なーんだ。
身代金払って返してもらっただけじゃん(笑)
Posted by よこたま at 2007年01月24日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック